プロジェクト「ヤングムスリムの窓:芸術と学問のクロスワーク」を立ち上げました

プロジェクト「ヤングムスリムの窓:芸術と学問のクロスワーク」を立ち上げました。 近年、「ヤングムスリムの窓:芸術と学問のクロスワーク」という新しいプロジェクトを進めています。一般社団法人「暮らしのモンタージュ」代表の澤崎と、現代社会とイスラームを専門とする文化人類学者の阿毛香絵氏(京都精華大学 特任講師)、イスラームとジェンダーを専門とする野中葉氏(慶應義塾大学…

4/8(金)-5/8(日) 展覧会「バーチャル世界の食卓」が開催されます

soco Kyotoで水野啓、澤崎賢一展覧会「バーチャル世界の食卓」(KYOTOGRAPHIE KG+オフィシャルプログラム)が開催されます。 本展覧会では、「食」を見つめ直す機会として、日本、アジア、アフリカを中心とした世界各地の食の風景をとらえた写真や映像を展示するとともに、各地の一般家庭の食卓風景に囲まれながら、彼らと同じものを食べるというヴァーチャル食卓体験を提供します。…

3/19(土)-25(金)「ファンダメンタルズ フェスmini」に参加します

「ファンダメンタルズ フェスminiーアーティストと科学者 交流の過程の展示」に参加します。 「ファンダメンタルズ フェスminiーアーティストと科学者 交流の過程の展示」が3/19(土)-25(金)の7日間、JR上野駅13番線ホームにて開催されます。幅広いジャンルの科学者とアーティスト15組の交流の途中経過を「問い」を切り口として広く皆様と共有する展覧会です。 ファンダメンタルズ…

THEATRE E9『#まなざしのかたち』上映後トークが公開

THEATRE E9で開催された映画『#まなざしのかたち』上映後トークの動画が公開されました。 THEATRE E9 KYOTO(京都)で 2021年12月11日(土)に開催された多重層的ドキュメンタリー映画『#まなざしのかたち』(2021年/124分)のアフタートークの映像が公開されました。 高橋 悟(美術家/京都市立芸術大学美術学部…

学問の〈根・音・ね〉@京都市京セラ美術館

学問の〈根・音・ね〉@京都市京セラ美術館 活動分野の異なる参画者が、対話を重ねながら、それぞれの専門分野の原点にある「問い」から現在に至るまでの歴史と、その連鎖を仮想空間等で可視化することを試みるプロジェクト。その道のりを振り返る公開振返り会に参加します。イベント情報:https://kyoto-steam.com/program/event02/…

映画『動いている庭』が上映

映画『動いている庭』が上映されます。 フランスの庭師ジル・クレマンの活動を記録したドキュメンタリー映画『動いている庭』(85分, 2016年)が映画館『シネマ・デ・アエル』(岩手)と日本建築家協会東海支部愛知地域会 住宅研究会が主催する映画鑑賞会にて上映されます。 映画『動いている庭』公式ウェブサイトhttp://garden-in-movement.com…

「聞こえないを聴く・見えないを視る」事業のプログラム「CASE-3 霧の街のポリフォニー」の「新たなシャドーワーク2」にてセミナーに登壇

「聞こえないを聴く・見えないを視る」事業のプログラム「CASE-3 霧の街のポリフォニー」の「新たなシャドーワーク2」にてセミナーに登壇します。「暮らしのモンタージュ」の活動について発表予定です。 未知を開くファシリテーター人材育成事業聞こえないを聴く・見えないを視る CASE-3「霧の街のポリフォニー」プログラム…

国際シンポジウム「A/R/P 2021」に参加します。

国際シンポジウム「A/R/P 2021」に参加します。 東京芸術大学大学院国際芸術創造研究科が主催する、アートとリサーチの実践的交錯点を考える国際シンポジウム「A/R/P 2021」で発表します。 ウェブサイト:https://arp.geidai.ac.jp/  【日時】2021年10月2日 13:15-14:45Session 3:Artistic Fieldwork…

対話型学術誌『といとうとい』Vol.0に論考が掲載されました。

対話型学術誌『といとうとい』Vol.0に論考が掲載されました。 京都大学学際融合教育研究推進センターが発行する対話型学術誌『といとうとい』Vol.0に論考「暮らしのモンタージュ:フィールド研究の余白」と映像作品 #まなざしのかたち『雨上がり、水平的に、ストリートにて』(10分,2021年)を寄稿させていただきました。…

『エッセイ集 フィールドで出会う風と土と人6』に寄稿しました。

『エッセイ集 フィールドで出会う風と土と人6』に「フィールドの「余白」にあるもの」を寄稿しました。 田中樹、宮嵜英寿、石本雄大編『エッセイ集 フィールドで出会う風と土と人6』(発行:摂南大学、2021年3月31日)に「フィールドの「余白」にあるもの」というエッセイを寄稿させていただきました。初めてケニアのマサイの村を訪れたときの体験を綴ったエッセイです。…

京都精華大学の「アフリカ・アジア現代文化研究センター プロジェクト報告会」で活動報告

京都精華大学の「アフリカ・アジア現代文化研究センター プロジェクト報告会」で活動報告を行いました。 京都精華大学の「アフリカ・アジア現代文化研究センター プロジェクト報告会」で、研究プロジェクト「研究者とフィールドの「あいだ」で映像メディアを活用した新たな創造性」(代表者:澤崎)について活動報告を行いました。 …

「科学者とアーティストの交流の端緒を開示するファンダメンタルズバザール」に参加

「科学者とアーティストの交流の端緒を開示するファンダメンタルズバザール」に参加しました。 東京の未来館で開催されている「科学者とアーティストの交流の端緒を開示するファンダメンタルズバザール」(主催:科学技術広報研究会(JACST)   隣接領域と連携した広報業務部会)という企画に参加しました。6月5日(土)はその初日で、科学者とアーティストがそれぞれの活動についてプレゼンしました。…