澤崎 賢一|SAWAZAKI Kenichi

1978年生まれ、京都/高知在住。アーティスト/映像作家。一般社団法人リビング・モンタージュ代表理事。京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程修了。博士(美術)。京都市立芸術大学 非常勤講師。ヨーロッパ・アジア・アフリカで、研究者や専⾨家たちのフィールド調査に同⾏し、映像/写真メディアの使い方を工夫しながら、他者との関係から新しい発見を生み出すための方法を探求している。また、映像メディアを活かした学際的活用の基盤となるプラットフォーム「暮らしのモンタージュ」を企画・運営する。
近作に、多重層的ドキュメンタリー映画『#まなざしのかたち』(124分, 2021年, 東京ドキュメンタリー映画祭「長編コンペティション部門」選出)、近作に、ふくだぺろ、澤崎賢一、べ・サンスンによる展覧会「語りあう/あわないイメージたち」(Tosei Kyoto Gallery, 2021年, KYOTOGRAPHIE KG+オフィシャルプログラム)、劇場公開映画『動いている庭』(85分, 2016年, 第8回恵比寿映像祭プレミア上映)などがある。

Born in 1978, based in Kyoto/Kochi in Japan. He is a Japanese contemporary artist and a film director, and earned his PhD in Concept and Media Planning, Kyoto City University of Arts. Also, he is the representative director of “Living Montage” which is a platform for the interdisciplinary use of visual media. In Europe, Asia and Africa, he accompanies researchers such as anthropologists and agronomists on their field research, exploring ways of using video and photographic media to create new discoveries in relation to others.
One of his most recent works is the variable video work #manazashi (124 min, 2021, Selected for the Feature Length Competition of the Tokyo Documentary Film Festival), Pero FUKUDA / Kenichi SAWAZAKI / Sangsun BAE Images don‘t or do they? Talk to each other (Tosei Kyoto Gallery, 2021, KYOTOGRAPHIE KG+ Official Program) and the documentary film The Garden in Movement (85min, 2016, Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2016 Premiere Screening) etc.

*

 2007年に岐阜県立国際情報科学芸術アカデミーを修了後、2008年に株式会社インターナカツが主催する公募展「JEANSFACTORY ART AWARD 2008」にて、出品作《日常としての表象+作品後》が、審査員の森村泰昌氏、松本俊夫氏、宇川直宏氏らの高い評価を受け、グランプリM賞を受賞。これをきっかけにアーティスト/映像作家として活動を始める。

 その後、主な展覧会として、個展「さかいにはさま、る しんこうけい」(GALLERY TERRA TOKYO、東京、2012年)、企画展 「Art Court Frontier 2013」(ARTCOURT Gallery、大阪、2013年)、企画展「Kawaii」(CAMP Contemporary Art Meeting Point、アテネ、ギリシア、2013年)、Kenichi Sawazaki×Thomas Mailaender「Domestic Archaeology」(GALLERY TERRA TOKYO、東京、2013年)などで作品を発表し、2013年には映像作品《よしことしゃんらんがわたし》が公募展「Celeste Prize 2013」(ex-Bibli、ローマ・イタリア)のファイナリストに選出された。

 2015年には、スイスのシエールにあるアーティスト・イン・レジデンスThe Villa Ruffieuxにて、2ヶ月間の滞在制作を行い、その成果として個展「Linguistic Montage」(MAXXX – Project Space、シエール、スイス、2015年)を開催、翌年には企画展「フェスティバル・リルケ」(Fondation Rilke、シエール、スイス、2016年)に映像作品《夜がくりかえす》を出品した。

 2016年には、フランスの庭師ジル・クレマンの活動を記録した長編ドキュメンタリー映画『動いている庭』(85分、2016年)を監督。本作は、劇場公開映画として「第8回恵比寿映像祭」(恵比寿ガーデンシネマ、2016年)にて初公開され、その後も現在に至るまで立誠シネマ(京都、2017 年)、第七藝術劇場(大阪、2017 年)、神戸アートビレッジセンター(神戸、2018年2月)、池袋シネマ・ロサ(東京、2018年4月)で劇場公開、また、高知県立牧野植物園(高知、2017年)やアート・フェスティバル「Lieux Mouvants」(フランス、2017 年)など世界各地で多数上映された。

 映画『動いている庭』の制作をきっかけに、近年は、主にヨーロッパ・アジア・アフリカで、研究者や専⾨家たちのフィールド調査に同⾏し、彼らの視点を介して、多様な暮らしのあり⽅を記録した映像作品を制作。トヨタ財団の個人研究助成を受けた個人研究※1では、「暮らしの目線」からフィールド研究の感性を映像で記録することと、その記録した映像素材を基にして、学際的な研究の表現形を探求した(2017年5月〜2019年4月)。この個人研究の成果として、2018年4月に研究者たちと一般社団法人リビング・モンタージュを設立、代表理事に就任する。撮影した映像素材を活かすため、学際的活用の基盤となるプラットフォーム「暮らしのモンタージュ」を創設する。

 2018年4月には、個人研究の成果をより深く探求するために、京都市立芸術大学大学院美術研究科博士(後期)課程に進学し、3年間に渡る研鑽の後、博士号を取得した。このあいだ、2019年には、交換留学制度を利用し、英国のロイヤル・カレッジ・オブ・アート(RCA)の博士課程(School of Arts & Humanities)に約3ヶ月間滞在し、研究内容を深めた。博士論文の題目は、『暮らしのモンタージュ:フィールドの「余白」と〈あいだのまなざし〉から生まれる方法』(審査員:髙橋悟、石橋義正、佐藤知久、井上明彦、長谷正人(早稲田大学 教授))。

 博士課程の研究では、アジア・アフリカ各地でフィールド調査を行う人類学者や農学者らの協力のもと、彼ら研究者の活動を記録した映像制作を行い、彼らの主たる研究内容だけでなく、そこでこぼれ落ちてしまう「余白」的なものも含めて、映像メディアの使い方を工夫した独自の創造性を追求した。映像メディアの使い方を工夫し、独自に検討した「〈あいだのまなざし〉から生まれる方法」によって制作されたのが、『#まなざしのかたち』(124分、2021年制作)である。本作は、農学者・田中樹と文化人類学者・清水貴夫の調査地における様々な人間活動を記録した映像を基にし、あえてはっきりとした物語や主題にまとまらないような断片的なことがらとして編集した可変的な映像作品である。

 2021年6月には、関連する成果として、論考「暮らしのモンタージュ ―フィールド研究の余白―」と映像作品 #まなざしのかたち「雨上がり、水平的に、ストリートにて」が対話型学術誌『といとうとい 第0号』(京都大学学際融合教育研究推進センター, 2021年)に掲載された。

2021年9-10月には、京都グラフィのオフィシャル・セレクションとして、人類学者のふくだぺろ、アーティストのべ・サンスンと共に展覧会「語りあう/あわないイメージたち」(Tosei Kyoto Gallery、京都)を開催、イメージによるコミュニケーションをテーマとする写真/映像インスタレーションを発表した。

2021年11月と12月には、多重層的ドキュメンタリー映画『#まなざしのかたち』がsoco KyotoとTHEATRE E9 KYOTO、東京ドキュメンタリー映画祭(「長編コンペティション部門」選出)にて初公開された。


※1 澤崎賢一『「暮らしの目線」に見るフィールド研究の感性―映像メディアを活かす超学際研究の表現形の探究―』2017-2019年
https://toyotafound.secure.force.com/psearch/JoseiDetail?name=D16-R-0344

 After graduating from the International Academy of Media Arts and Sciences(IAMAS), Gifu in 2007, he participated in the “JEANSFACTORY ART AWARD 2008”, an open competition organized by Internacatu Inc. The work was highly praised by jury members Yasumasa Morimura, Toshio Matsumoto and Naohiro Ukawa, and won the Grand Prix M. This was the start of his career as an artist and filmmaker.

 Since then, he has held exhibitions such as Progressive Belief in Doub, LE Bind (GALLERY TERRA TOKYO, Tokyo, 2012), “Art Court Frontier 2013” (ARTCOURT Gallery, Osaka, 2013), “Kawaii” (CAMP (Contemporary Art Meeting Point, Athens, Greece, 2013), Domestic Archaeology by Kenichi Sawazaki and Thomas Mailaender (GALLERY TERRA TOKYO, Tokyo, 2013). He was selected as a finalist for the “Celeste Prize 2013” (ex-Bibli, Rome, Italy) in 2013 for his video work Yoshiko, Xiānglán is I.

 In 2015, He had a two-month residency at the Villa Ruffieux in Schierre, Switzerland, which resulted in a solo exhibition Linguistic Montage (MAXXX – Project Space, Schierre, Switzerland, 2015). The following year, he presented his video work Night Repeated at the “Festival Rilke” (Fondation Rilke, Sierre, Switzerland, 2016).

 In 2016, he directed a feature-length documentary film, The Garden in Movement (85 minutes, 2016), documenting the activities of French gardener Gilles Clément. The film was first shown as a theatrical release at the 8th Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions (Yebisu Garden Cinema, 2016), and has since been shown at Rissei Cinema (Kyoto, 2017), The 7th Art Theater (Osaka, 2017), Kobe Art Village Center (Kobe, 2018 The film has also been screened at the Makino Botanical Garden (Kochi, 2017), the art festival “Lieux Mouvants” (France, 2017) and many other venues around the world.

 Following the production of the film The Garden in Movement, in recent years he has been accompanying researchers and experts in field research, mainly in Europe, Asia and Africa, to produce video works that document the diversity of ways of life through their perspectives. In my personal research*1, which was funded by the Toyota Foundation, he recorded the sensibility of field research on film from the “perspective of daily life” and explored forms of expression for interdisciplinary research based on the recorded video material (May 2017 – April 2019). As a result of this individual research, in April 2018 he founded the general incorporated association Living Montage with other researchers and became its representative director. In order to make the most of the filmed material, he will create the platform Living Montage, which will serve as a basis for interdisciplinary use.

 In April 2018, in order to explore more deeply the results of his personal research, he entered the doctoral course of Kyoto City University of Arts, where he received his PhD after three years of study. During this time, in 2019, he spent three months at the School of Arts & Humanities at the Royal College of Art (RCA) in the UK on an exchange programme to deepen his research. The title of his doctoral thesis is Living Montage : The Margins of the Field Research and the method born from the “Eyes of the In-Between”, (jurors: Satoru Takahashi, Yoshimasa Ishibashi, Tomohisa Sato, Akihiko Inoue, Masato Hase (Professor of Waseda University)).

 In his doctoral research, he worked with anthropologists and agronomists conducting field research in various parts of Asia and Africa, and produced films documenting the activities of these researchers. In the production of these films, he pursued original creativity by devising ways to use the visual media, including not only the main content of their research, but also the ‘marginal’ material that spills out of it. The film #manazashi (124 min, 2021) was produced using the method born from the ‘Eyes of the In-Between’, which he examined in his doctoral research. The film is a variable video work based on footage documenting various human activities in the research sites of agronomist Ueru Tanaka and cultural anthropologist Takao Shimizu, edited as fragments that dare not coalesce into a clear narrative or theme.

 In June 2021, the peer-reviewed paper Living Montage: The Margins of the Field Research and the video work #Manazashi After the Rain, Horizontally, on the Street were published in the interactive journal “Toitotoi No.0” (Center for the Promotion of Interdisciplinary Education and Research, Kyoto University., 2021).

 In September-October 2021, as an official selection of KYOTOGRAPHIE KG+, he held an exhibition with anthropologist Fukuda Pero and artist Bae Sangsun, Images don‘t or do they? Talk to each other (Tosei Kyoto Gallery, Kyoto).

 In November and December 2021, the multilayered documentary film #Manazashi premiered at soco Kyoto, THEATRE E9 KYOTO and the Tokyo Documentary Film Festival (Selected for the Feature Length Competition).


※1 Sawazaki, Kenichi. Senses of Field Studies Standing on Peoples’ Livelihood: The search for phenotype of interdisciplinary research to take advantage of the video media, 2017-2019
https://toyotafound.secure.force.com/psearch/JoseiDetail?name=D16-R-0344